真実は私と貴方の心の中に眠る


by romanced
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ヤフーのIDをもっているなら、BB会員でなくても、なら、見れるサイトです。http://streaming.yahoo.co.jp/

他には、
http://www.gyao.jp/ 

http://www.nicovideo.jp/それと、

http://jp.youtube.com/ 
なんかも、お勧めです。

ネット市民たちの動向もふくめ、合法・違法にかかわらず、まだ、整備できてないのでしょう。色々とみれますから、はまらないようにね
[PR]
by romanced | 2008-02-03 20:29 | メモ
亀田一家大阪復帰へ現実味…解雇問題も否定せず

(夕刊フジ - 10月23日 17:04)
 大阪・オールジムへの亀田一家移籍騒動は、史郎氏(42)が「移籍の動きなどしていない」と話し、オール側も否定したことで一応落着した格好だが、協栄・金平桂一郎会長(41)は「強い不快感」を収めようとせず、解雇問題への影響も否定しなかった。オールジムの津川勝会長代行(67)はあらためて「要請があれば喜んで(兄弟を)受け入れたい」と話し、一気に亀田一家の大阪復帰が現実味を帯びだした。

 津川氏によると、史郎氏から電話が入ったのは15日午後7時半ごろ。

 「相談したいことがある。よろしく頼んますわ」と話す史郎氏に「どんなことや」と聞き返すと、「今ちょっと忙しいんで、また大阪に寄ったときでも」といって電話は切れたという。

 津川氏は「『ひょっとしたら移籍のことかな』と、そう頭の中で空想したことをテレビ局の取材で話したら、言葉尻をとられてしまった。金平会長にも、史郎さんにも悪いことをした」と頭をかきながら、それでも「正式な要請があれば」を前提に「受け入れることを考えたい」と語った。

 大阪・ミナミの繁華街に近接した大阪府立体育会館の裏手にあるオールジムは、終戦直後の1945年に開設された。「ボクシングの神様」ベビー・ゴステロをはじめ、河田一郎、大塚昌和らの日本王者を輩出した大阪の名門。90年に休眠したが、「ナンバから世界チャンプを」をキャッチフレーズに99年9月に再興した。5年前にはアマチュア時代の興毅(20)が半年ほど練習に通い、今年5月には興毅が、今月11日には大毅(18)がスパーリングを行うなど、亀田一家との縁も深い。

 津川氏は「電話があったときは元気がなかったけど、ふだんはそんなに悪い人間じゃない」と史郎氏を擁護し、「(兄弟を)受け入れることになれば、他のジム生には刺激になる」と亀田一家の大阪復帰を歓迎したい意向だ。

 もっとも亀田一家をめぐっては、故郷大阪でも総スカン状態。関西の重鎮、新日本大阪ジムの鈴木太一会長(79)は「『東京を締め出されたから戻ります』いうのを聞き入れるジムが関西にあるやろか。プライドいうもんがあるわな」と語り、あるトレーナーはこうこぼした。

 「数年前なら日本人が世界戦に出場すると、ジムには見学者が押し寄せたもの。今は亀田戦の翌日でもだれも来ない。ボクシングは八百長だと思われているようで、『苦しい練習をしても強くならない』という声を聞いた。亀田がボクシング人気をあげたという実感はまるでない」

 当の津川氏も「『なんで(亀田を)受け入れたんだ』とか、『金が動いた』と言われたりしたら、つらいなあ」と、早くも期待と不安が交錯しているようなのだ。



うーん。
そんなに注目されるような事実なんでしょうか?

大毅選手だって、まだまだ、これからの人ですし、ただ、ヒール役としては、歌ったりして新しいタイプだったのかもしれませんが。

移籍にせよ、彼が一からやり直すということは、大事だと思いますが、それをまだお金にしようとしている人たちもいるのでしょうか?

そのような意味でお金になるから、注目されるのでしょうか?
疑問です。

しかし、それなりのジムが受け入れを嫌がっているとか、いや、大阪に戻っても、やり直せるかとか、色々と憶測がとんでることは確かです。

「親子の絆」で注目されただけに、このねじれた状況を打開するのは、容易ではないと思いますが、少なくとも、3兄弟の子供たちには、罪はないと思っている人たちは多いだろうと思います。

反対に、ねじれた状況にあるが、これまでボクシングしかしてこなかった素質ある子供たちの行方が気になるという意味での報道であるなら、なんとなくわかります。
[PR]
by romanced | 2007-10-24 00:47 | 興味
yahoo知恵袋 質問への投稿文

金平会長からして、申し訳ないけど問題を履き違えていらっしゃる。

「負けたから何を言われても甘んじて受けて、後は語らないというのが筋だ」というようなことを金平会長は言っていましたが、
これは、今回の問題の本質とは違います。

これでは、勝てばいい、負けたので言われていると取れます。
そうではないのです。
「反則でも何でもして勝てばいいのだろう」という姿勢が批判されているのです。
そこをわかってないと繰り返しますよね。

この会長に亀田親子を指導できるのか?と思った。
しかし、謝らない限りは協栄ジムへの参加も見送るみたいなことをちらつかせて、渋る親子を記者会見させたのは、この会長の力かもしれないと思った。

それから、親父さん。
全然、謝っているように聞こえない。
悪いけど、謝り方が巻き舌で、怖いし、逆に居直っているようにしかみえない。
悪役ってこういう風に居直るのね?っていう見本をみせてもらったような感じさえします。
途中で、「え?パフォーマンス?」と聞き返したところなんかは、聞き返えされたほうは恐怖だっただろうと思う。
恫喝にしかなっていない。

大人としては、この親父さんの行為は反面教師をみるようで、このような恥ずかしい態度にならないよう気をつけたいと思った。

大毅選手は、うなだれていて、落ち込みはわかるが、「申し訳ありません」ぐらいは、言わないといけない。
もし周りがとめたとしても、言うべきであった。
本当は彼は言いたかったのかもしれないと思うが、父や周りのハザマでいえなかったのではないだろうか。

しかし、18歳といえども、調子にのったときと、そうでないときの落差がありすぎる。
それを自ら恥じるならば、よい勉強として、この経験を将来に活かさないと「馬鹿」といわれてしまう。
様々なコメンテーターもいっているが、別の指導者につくことを願う。

以上、
大毅選手はやり直すならば、協栄ジムでもなく、他のところで、一から頑張ってほしい。
親父さんは、教育ができてないので、どれだけこの後、社会でやっていけるか疑問である。
金平会長は、もっと物事の問題と真意を汲むべきである。

また、私自身はこの会見をみて、
父子家庭の問題
(最近よく親子ダンスにお父様と娘で参加される)、
プロスポーツのスポーツマンシップなどの問題
(ダンス世界でもダンスさえ上手ければ何をしてもいい、
自分の娘を一流にさせたいために有力な舞踊家に愛人として差し出す
などの倫理問題)
のを再考するきっかけとなった。
[PR]
by romanced | 2007-10-17 20:05 | 興味
Yahoo知恵袋に投稿文

私は、大毅君を父親の家庭教育の被害者だと思います。

とかく男3人兄弟の真ん中というのは、上からも、下からも圧迫されていると思う。

また、ある意味、格闘技の才能が兄弟中で一番ないといわれて、内藤選手への一家でのかませ犬にさせられた感じがします。
なぜなら、内藤選手は長男の興毅君と本当は試合がしたかったのだと思うからです。

大毅君は、生存共存激しい兄弟内で、それでも、父親の愛情を得るべく頑張ったのではないでしょうか?

母親が離婚して子供から離れていって、父親だけの価値観で育てられ、他を知らないため、唯一の親、父の夢を実現することが
彼の夢にいつの間にかなっていた。

そう思うと亀田家の子供たちは、父の夢と愛情を得るためにとても哀れな一面があると思わざるおえません。
[PR]
by romanced | 2007-10-16 22:31 | 興味

頑張れ私

2007年10月11日 22:55
「い」から引きついで

今はまだ 先をみている心が もどかしく スケジュール踏み倒し、早く良くなれ私の健康

「う」

風邪引き中につき、詠んだ詩
[PR]
by romanced | 2007-10-11 22:58 | 一行詩
久しぶりにこのスレに来て見らたら、Gさん以外誰も来てない?

「しやしない 腱鞘炎で 休憩を」

最近タイピングをしすぎなのか、本当に指の関節痛があって、困りま
す。ですが、休むということが、あまりできてない。
やはり、今が私の働き盛りなのですね。

b0105370_1234843.jpg


More
[PR]
by romanced | 2006-10-07 12:03 | 一行詩

KEANU REEVES様

拝啓
今まで、貴方のことを、あまりかっこよかったと思っていませんでした。

でも、なぜか「スピード」の貴方様だけは、惹かれるものがございます。

L.A.P.Dの警官姿の凛々しいショットカットの髪型と、タフガイの筋肉に弱いのかもしれませんと、自分の好みを分析しているところです。

やはり、貴方様のしなやかな体、シルエットの美しさというのは、鍛え上げてもなかなかできないと、痛感しております。

きっと、貴方様に送られた生まれながらのギフトであると考えるしかありません。そのギフトの上に、努力を重ねあの素晴らしい肉体にみなぎる力強さ、身のこなし、見た目の美しさ、どれをとっても、アジア系との混血である貴方様しかできない役なのだと、つくづく理解しました。

今後のご活躍を楽しみにしております。 敬具
[PR]
by romanced | 2006-09-26 02:41 | 映画

寂しいなYさん!

Yさん、退会ということで、メールを出してみました。
Gさんとか、Mさんにも、会ってみたかったのですが、
Yさんだけには、お会いすること、成功してたのに。

「『幸せに!』切ない願い 実現を」

私は今、論文がけなくて、苦しみ抜いています。
どっと、ふけて居そうで、鏡みるの怖いです。
Gさんに、恋愛しましょうって、いってもらって、
それだけでも、うれしいです。

しかし、煮詰まっちゃった、それに更年期のせいか、
ちょっと、いいしれぬ不安にさいなまれて、
精神内科でも、いくかしらん!!!
[PR]
by romanced | 2006-08-16 18:08 | 一行詩
 この数年かかって、ネットでの活動というものが、リアルの延長線下にあると、実感でき始めている。
ネット内は、まだまだ、バーチャルだから何をやっても、言っても許されると誤解している輩のカオスで満ちている。詐欺、援助、などの犯罪の温床になっているとさえいう人もいる。
 ネット内で知り合うことは、その利害の因果関係が立たれているので、善意で知り合った同志でももめたり、やりあうとなったら、歯止めが利かない例を幾つか目撃した。しかし、まだまだ、リアルまでの被害が表面化することが少ないので、バーチャル空間での遊び感覚が強く、その人間性が問われているとは思わないのだろう。また、一端こじれると、リアルでの接触が合ったとしても、その憎しみは1年、2年の時間とともに、変化して癒えることなく、その人の行動の基準に加味されて、行動をコントロールするようだ。
 私は、時間で変化する状況にあわせて、自分が変わることを自覚したいと思っている。

 確かにリアルでは、本当は限定された世界で生活している。それのと同じように、生きてる世界が異なる人とは、話をあわせるのは、誤解が生じたり説明が必要だったりして、大変なエネルギーを必要とすることなんだろうと思う。だから、バーチャルなんだから、どう思われたっていいという基準が生まれるのだと思うし、それは、今のネット内のカオス状態の段階では否定しない。
 一次的なバーチャル的措置は、誤解もあるだろうし、ありえると思うし、お互いがいるからこそ、反発もできる。しかし、相手に対する憎しみのあまり、それを訂正させたいからといってこだわっても相手は変わらないし、それでコントロールされる自分を見失うことはもっと悔しい。私は、スルーすることで、自分が設定し限定されていく行動基準から逃れ、塗り替えられると思っている。

 私の理想かもしれないが、ネット内での利点を考えるならば、誤解や困難はつき物であるが、誰とでも話せるという点を楽しんで行きたいと思う。
 その自由を得る代わりに、孤独になるのかもしれないが、それでも、自分のスタンスに合わない無理な方法では、楽しめないことがよくわかったからだ。
 結局バーチャルといえども、誰とでも話せるわけではなく、自分と同じスタンスの人とだけ、話せるのかもしれない。
私も、そのスタンスを広げるため、ネットでの出来事はこれからも、よい人生勉強なのだろうと思う。
[PR]
by romanced | 2006-07-12 15:45 | 日記
 上記、レスを書いたので、ちょっとだけ、ここにも転記してみようと思いました。
 まずは、7月8日から。

 本当に微妙な問題ですよね。私たち日本人がどのくらい、自分たちの歴史を捉えなおすことが出来ているのか。
もちろん、一人一人の捉えなおしもあるでしょうが、
日本国家として、捉えなおすことも出来てないから、教育のなかでも、歴史として真正面に向き合えてないと感じる。
日本政府としての固定した見解がほしいのではない。
自由の声を上げて捉えなおせる場、再評価を繰り返せることが大事な基本的要素だと思う。
もちろん、人の意見に左右されるのも、ありだと思う。
 私の場合は、拉致問題と戦後処理は別問題として捉えたい。国連が全てではないが、グローバルな視点を元にしたいと考える。
 ただし、日本人の「無知と偏見」は常にあるのではないかと、考えている。それを知らないということを知らないとも考えている。

 次にエロスの問題について。

 エロスに疎い方なので、よくわからないと言ったら、なら、コメント書くなって怒られそうですが…。
 ジェンダーや女性学など、また、舞踊学でもそうだけど、女性が自分の身体を男性に媚売るわけでなく、謳歌するために解放しはじめたとあります。これは、煩悩が深そうな男性には迷惑なことなんでしょうね。
 巷では、スカートの中味、見られたくなかったら、ミニスカートはくな、とどのつまりは、イスラムの女性みたいに「ブブカ」を着るはめになるのでしょうか? しかし、日本では、あいにくそのような方向にいかないので、困った男性たちは、今まで社会で女性を押し込めてきた権力を使ったりしますが、それでも、留まらない女性の解放に、今度は人間として父権主義に甘えてきた自らの男性性やそのメカニズムを、認識し、しっかりと育てていかなければならないでしょう。
 しかし、単純に性欲との関連は、ホルモンのバランスの問題で、食事でその凶暴さを押さえることに成功していると、色々な食事療法や、いままでの民間療法ではといています。
[PR]
by romanced | 2006-07-08 19:15 | メモ