真実は私と貴方の心の中に眠る


by romanced
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
死刑が決まってから、わずか4日でフセイン大統領は絞首刑になってしまった。

死刑については、いろいろと是非があるなか、あっさりと、しかも、絞首刑という近代的な方法で、執行されたことは、私にとって、ショックであった。

まだまだ、「縛り首」の手法とともに生きている地域を、どのように語ればいいのか。
それは、国際的という見地では語れないのではないだろうか?
それとも、それを見越して語っていいのだろうか?

ここにまた、文化相対主義の壁を感じます。

2006年12月30日18:50
死刑執行する期間の早さ、それからその手法において、猶予がないこと、痛みのない注射などの執行方法でなかったこと。

これって、やはり、イラクの現状に基づいているわけですよね。
だから、決まったらすぐに行う、絞首刑しかないから、海外から注目されていても、その方法でやってしまう。

2006年12月31日19:57
私も自分自身で見たわけでないので、報道に煽られたり、いろいろなお説を聞けば、なるほどと思うわけですから、日本国民でも、そのときの情報で説得されてしまうのでしょう。

私は、もっと、時間をかけてフセインを裁くと思っていたのですが、また、もっと、慎重に死刑執行を行うと思っていましたので、それは、私同様に、多くの日本人が驚いたことではないでしょうか?

確かに裁判の内容は、アメリカの侵攻などから、いや、その前からの事実も含められるのかもしれません。
そして、アメリカの正義が世界の正義になっていることの事実、落とし穴に気がついた人が、それを警鐘してくださる。

私は、何か公平で、どうあれば、理想的な国家を作れるのか。
簡単ではないけれど、考えていきたいと思います。

そのような部分に、私の考える世界とは違うものを感じました。
つまり、私が考えることには限界があり、アラブでの価値観がこれらのことにどのくらい関与しているのだろうと、私に理解できるのだろうか?と考えたのです。

2006年12月31日20:13
私も新生イラクがこれで、テロの渦中にならないことを祈っています。そのためにも、フセインを罪人として、早く処理したかったのだろうと思います。だから、時期の問題は、私が思うより早かったのでしょうね。

西側の中には、自衛隊派遣をした日本も含まれており、派遣反対を叫んでもとまらなかった日本人の気持ちの問題も含まれると考えます。

海外渡航情報では、フセインの死刑執行により、テロが予想されるので、お正月であるけど、アメリカ大使館などに、近づかないようにとの、テロップがTVなどで、緊急に流れていました。

だから、もう、この問題のグローバル化は避けられない。興味だけでなく、海外に渡航したり、東京に住み、都心を毎日行き来する私には、必要な情報と問題を多く含んでいると感じます。

実は、昨年、ちょうどパリのピエール・カルダン劇場で、公演をしたとき、目の前がアメリカ大使館でした。
そのときは、劇場に入るのも、写真を撮るのも、ものすごい勢いで、チェックされました。劇場の前で撮った写真は全部、消させられました。また、無線ランのPCをもっていたら、それをONさせるなとも、注意を受けました。

都市でのテロや大使館警備に対する緊張は、この時、思い知ったしだいです。
[PR]
by romanced | 2006-12-30 18:11 | 時事
ドイツ人がドイツ人の過去を省みるために作った映画ではないだろうか。
当時22歳であったユンゲというヒトラーの秘書の証言のもとにつくられた映画であり、第三帝国の体制が滅びていくにもかかわらず、止まらない人々の心? イデオロギーの結末が描かれている。「洗脳」とか「刷り込み」というが、一端、方向づけられてしまうと、後は定められたように行動してしまうのが人間なのだろうか。
今後この辺は、もっと厳密に考えてみたい。

メイキングでの俳優たちがそれぞれに役を演じる上での登場人物への解釈や思いがとても興味深い。悪人だと思っている役柄をどうやって、折り合いつけて演じることを引き受けるか。それぞれの思いの中で、発見することを語っている。

日本とドイツは敗戦国であるが、その後の立場や振る舞いが異なっている。日本は南北にも分断されなかったし、戦争責任や賠償の問題でも、同じ方法ではなく解決しようとしている。
ドイツは徹底的にナチスを否定することからはじまったが、戦後60年たって、実は、ドイツ国民も犠牲者ではなかったではないかという感覚をもっても許されるのではないかという問いがこの作品にはある。

自国の歴史を問い直す作業と評価の多様さのヒントがこのDVDには込められていると思う。
また、綿密に当時を復元しようとしている光源の作り方や空間性の工夫は、やはり、ドイツらしさを感じさせる。
b0105370_1451933.jpg

[PR]
by romanced | 2006-07-03 15:35
戦闘ロボットがついにイラクに投入されることになった。
死を恐れず、不眠不休で、的確な射撃をする。
アメリカの生身の兵士を守るものだという。兵士は安全なところにいて、リモコンでコントロール(半径1キロ以内)で、リモコンが奪われたら、相手には仕えないようになる。
一台2000万円だという。年にアメリカ兵が500万円の維持費がかかるから、米軍はそれよりも安いと考えているという。既に6台ある。
安易に、政治家が戦争を行うためにロボットが投入されかねないと、NHKのニュースでは、いっていた。
しかし、こんなものつくったら、イラクの人に危ないじゃない!
と思うのは私だけだろうか?
エミネムの唄を思い出す。

下記ではロボットの写真と詳細がわかる。(クリックすれば飛びます)
TALON Small Mobile Robot
米軍、イラクにロボット兵士
軍事通信員報告1月26日文
富める国のロボット兵士、貧しい国の自爆テロ
追加動画(重いけど、報道されない部分もあります。阿修羅より)
米軍アパッチヘリが非武装イラク人を殺戮する場面の映像
[PR]
by romanced | 2005-02-04 13:50