真実は私と貴方の心の中に眠る


by romanced
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
本当に、お馬鹿で、単純で、どうしようもない男が多すぎる。
君達は腐っているのか?
いや、そうではないだろう。
このSBのサイトの画像が過激なので、ここにいる女性はみんなH狂いだと勘違いか?
ちょっと、前に、ここの掲示板で、そのようなことを書いたら、物議をかもしてしまったが、本当に、困ったチャンがおおいのは、たしかだ。
内容が見たい人は、ここにとんでみてください。(掲示板等で暴れた内容
つまり、大人の男性がいない?

それとも、男の都合よくなんでもいいなりになって、捨てられてもその場さえ楽しければOKという若くきれいな女性が沢山にて、自分なら、合えると思っているのだろうか。

しかし、お金でお相手してくれるお店のプロの女性とは、ちがうんだってことは、区別つかないみたいだな。
また、そういう女性としかめぐり合ってこなかったから、お金つかえば、気軽に誘えば、いいのだと、おもっているのだろうか。
どうなんでしょうねえ。
不思議だ。
[PR]
by romanced | 2007-01-21 19:16 | 恋愛

KEANU REEVES様

拝啓
今まで、貴方のことを、あまりかっこよかったと思っていませんでした。

でも、なぜか「スピード」の貴方様だけは、惹かれるものがございます。

L.A.P.Dの警官姿の凛々しいショットカットの髪型と、タフガイの筋肉に弱いのかもしれませんと、自分の好みを分析しているところです。

やはり、貴方様のしなやかな体、シルエットの美しさというのは、鍛え上げてもなかなかできないと、痛感しております。

きっと、貴方様に送られた生まれながらのギフトであると考えるしかありません。そのギフトの上に、努力を重ねあの素晴らしい肉体にみなぎる力強さ、身のこなし、見た目の美しさ、どれをとっても、アジア系との混血である貴方様しかできない役なのだと、つくづく理解しました。

今後のご活躍を楽しみにしております。 敬具
[PR]
by romanced | 2006-09-26 02:41 | 映画
 上記、レスを書いたので、ちょっとだけ、ここにも転記してみようと思いました。
 まずは、7月8日から。

 本当に微妙な問題ですよね。私たち日本人がどのくらい、自分たちの歴史を捉えなおすことが出来ているのか。
もちろん、一人一人の捉えなおしもあるでしょうが、
日本国家として、捉えなおすことも出来てないから、教育のなかでも、歴史として真正面に向き合えてないと感じる。
日本政府としての固定した見解がほしいのではない。
自由の声を上げて捉えなおせる場、再評価を繰り返せることが大事な基本的要素だと思う。
もちろん、人の意見に左右されるのも、ありだと思う。
 私の場合は、拉致問題と戦後処理は別問題として捉えたい。国連が全てではないが、グローバルな視点を元にしたいと考える。
 ただし、日本人の「無知と偏見」は常にあるのではないかと、考えている。それを知らないということを知らないとも考えている。

 次にエロスの問題について。

 エロスに疎い方なので、よくわからないと言ったら、なら、コメント書くなって怒られそうですが…。
 ジェンダーや女性学など、また、舞踊学でもそうだけど、女性が自分の身体を男性に媚売るわけでなく、謳歌するために解放しはじめたとあります。これは、煩悩が深そうな男性には迷惑なことなんでしょうね。
 巷では、スカートの中味、見られたくなかったら、ミニスカートはくな、とどのつまりは、イスラムの女性みたいに「ブブカ」を着るはめになるのでしょうか? しかし、日本では、あいにくそのような方向にいかないので、困った男性たちは、今まで社会で女性を押し込めてきた権力を使ったりしますが、それでも、留まらない女性の解放に、今度は人間として父権主義に甘えてきた自らの男性性やそのメカニズムを、認識し、しっかりと育てていかなければならないでしょう。
 しかし、単純に性欲との関連は、ホルモンのバランスの問題で、食事でその凶暴さを押さえることに成功していると、色々な食事療法や、いままでの民間療法ではといています。
[PR]
by romanced | 2006-07-08 19:15 | メモ
年上って、どのくらいまでが限度なんでしょうかしら?
母上の年までですか?
どぼーん、地雷落としたかも、だって、私年齢明記してるし、
書くんじゃなかったと思いつつも、知りたいので、このまま、書き込みます。

やっぱり、10歳程度が、自然なのでしょうね。
[PR]
by romanced | 2005-03-19 22:24 | 恋愛
 実は、私は若い頃、男性恐怖症で、背の高い男性が苦手だったのです。本当です。だから、相手の人は殆ど162とか、4ぐらいまでの相手でした。
 背の高い人は見た目いいのかもしれないけど、抱き合うときに顔も遠いし、何もかも遠くにあると感じます。その点、私は若い頃は158cmしかなくて、矯正して、今は160ありますが、背の小さい相手だとなぜか、襲われるような不安がなく、できました。
 こういう女性もいるのですよ。だから、背が小さいのが有利になることもあるのです。女性に恐怖心を起こさせないっていう意味でです。
本心なんだけど、信じてもらえるかしら?
[PR]
by romanced | 2005-03-19 22:15 | 恋愛

自分が許せない

今日も、AAやAAのリアルの相手のブログを見てしまって、鬱になってる。

檸檬ちゃんは、いいな、帰郷ですか。
私には、帰るところがないわ。東京だから。羨ましい。

鬱の原因は、
自分があまりにも、綺麗じゃないこと、老けた事、色々あって、
昔の知り合いから、お誘いがあっても、あいにくのが、恐怖だわ。

なんで、こんなに老けたのか、自分が嫌になる。
自信がもてない。
もう終わりだわ。

思っていた自分よりどんどんかけ離れている。
[PR]
by romanced | 2005-03-16 05:15 | 日記
Rちゃんとチャットしはじめて、このブログを書くようになった。
Rちゃんと私はお互いを理解しきれない雲のように感じているのではないかと
想像する。

やっと確定申告をやりおえて、今日はやっと寝れたような感じだが、
まだ、疲れはとれてない。
あれも、これも、とやらないといけないことばかりで、
自分が思いで一杯になり、苦しくなる。

みんなどうやって勉強や研究、仕事と趣味、バランスをとっているのだろう。
そういうことをチラリと見せてくれながら、AAは実生活は貧乏だと言っていたが、
私からはリッチな精神生活を見出していた人だと思って憧れる。

幾ら欲しいものに囲まれても、使いこなせない自分が悔しい。
お金があっても、使い方を知らないし、消費するだけ。
AAは「君はお金を使いすぎる」と私にも言った。


同じ事をリアルの相手にも言っていたようだ。
私は、あのようなAAの態度は、どうしたら育まれるのだろうと思う。
物事を提示する能力。

Cという彼が20の時に知り合った大学生の子がいた。
彼からみれば、当たり前のことをよくこれだけ並べられるというのが
AAの主張の仕方を上手く言い表していると思う。

そうなのだ。物事の特徴を言い表すことに慣れてない日本人からみれば、
AAの表現はとても、ありきたりのものをあげつらっているようにも思う。
だけれど、それが忘れていたことであり、特別でなくても、
その特徴をあげることで、分析的な見地から何かが生まれるような気持ちになれる。

人生には、ロマンチックなムードだけでも、幸せを感じられる才能が必要だし、
日本人はそれが下手なのかも知れない。
お金がなくても、幸せを作り出せる能力に嫉妬する。
[PR]
by romanced | 2005-03-14 09:49 | 日記

今 何してる?

今何してる?って、Rチャンは、言うけど、なんなんだろう。
AAは、そういうこと聞かなかったな。

それよりも、自分のことを必要以上にいうことを、甘えのようにとっていて、
厳しかった。
でも、それは、AAの甘えだったのかもしれない、と思う。
みんな、誰だって甘えたいし、受け入れてもらいたい。
本当に自立したままで、認め合い、自分の内面は自分で処理できる理想的なカップルもいるだろうが、それを主張するAAは経験がないからだと思う。
理想にむかっていくことが、彼の美学でもあった。

Aは、AAとのことをよく知っている私の男友達であり、甘えられる相手でもある。
いままで、幾つもAAにいじめられ傷ついた心をAが癒してくれた。
AAはそのようなことを馬鹿にするのだろう。依存の関係だとかいって。
しかし、このような分析がどのような効果をもたらすのだろう。
プレイバックシアターなどの即興劇では、分析しないことを基本としている。
つまり、欠点だけを見ていって追求するようなことになりがちだからだとおもう。
自分を罰しなくてもいい。
もしろん、AAがいうような、制限も必要なのは認める。

しかし、AAのは今ひとつ、その行動と理論に統一が取れていないではないか。
それが自然というものだからだ。

相手と一緒にいたら、安心できるとは、女にとってとても大事なことだ。
AAはそれがわかっていない。だから、女性は不安になるし、不平も言うだろう。
それを、自立してないととるのは、AAがまさに若いからだ。

AAの言葉とうらはらに、彼のブログに自分のダイエットで成功したガラガラの顔を載せたりして、それほどに自分を見せて、相手を求めていることを自覚しているのだろうか。私はその写真をみて、涙がでた。

AAの知性や、いやらしくないセクシーさを知っているリアルの相手もそう言っていた。「彼は全然いやらしさを感じさせないの」そう、それがAAの特性だし、私も感じていた。上手くいえないけど、東洋人がやる隠微な感じにならないのだ。そのようなことを説明しようとしたら、AAに「君は西洋に憧れる女子大生のようだ」といって、馬鹿にされたことを思い出す。

それは、AAの正直な感想だろう。しかし、AAだけでは足らないのだ。不安なのだ。この世は不安だらけだ、だから、せめて好きな人とは、不安ではいたくないし、居られないのだ。
つくづく、AAにAのような大人な「許し」の度量があったらな、と感じていた。

でも、それもせん無い事。
[PR]
by romanced | 2005-03-13 23:42 | 日記

胃が痛い

私の心は、どうも、体を直結らしい。
胃が痛くて、どうしようもない。
ここ数日、もう、済んだ事といえ、AAを思い出しすぎたのだろうか。

なぜか、AAが私を探しているように思う。
そんなテレパシーは、病のなせる業か。
掲示板にも、荒らしのスレッドがあった。
普段は、入らないというヤフチャの政治でも、AAらしきハンドルをみた。

それより、もっと強烈なのは、荒らしとして入ってきて、
数日まえ、私がボイスしてたとき、相手の男性のボイスを出来なくして、
AAだと名乗った人がいた。

しかし、あれは、AAだとは思えない。
AAはもっと知的な書きこみをするし、自分の元ハンドルをばらすはずが無い。
彼は、そういうルールに敏感だし・・・。


だが、前に別ハンでヤフチャにはいってきて、私の実名をばらしたこともある。
だから、そういう知性やルールを無視することもあるのかもしれない。

とにかく、私は彼のことを少し、離れた方がいい。
さもないと、この胃はもたない。

とりあえず、あのハンドルは使わないで置こう。
そのほうが、AAの心も穏やかになるかもしれない。
[PR]
by romanced | 2005-03-12 23:20 | 日記
やっぱり、AAの書いたブログの内容を思い出してしまう。
彼は、そう書いていた。行動しなければ、愛してないことになると。
でも、マイナスの行動だってあるのだ。
私は、自分が身を引くことでそれを示してきたつもりだ。
彼には、それが理解できてなかったようであるが、
逃げる、避ける、身を引く、これも、りっぱな行動なのである。
愛すればこそ、自分が引くことしか出来ないのだ。

彼は、まだそういう意味では、子供なのだ。
私のことを経験がないとか、自立してないとか、基底欠損のような
難しい心理学用語を使って、非難して攻撃してた。
そう、あの攻撃性は自分でも認めていたが、すごい。
私の手には追えない。

女性というものを知らないから・・・って、私は分かっていた。

この若い彼の我侭な成長するための体験に付き合って、
色々できるほど、私は若くない。

AAは私の循環する行動を観察したつもりで、分析して見せた。
私がAAに好きだといわれることで、自信をつけてるため、
AAを振り回し、それで、
また、AAを振ると、自分の自信がなくなると
AAを好きだといって、AAに好きだといわせる。

このような循環だ。
しかし、ある部分(自信)あっているようにも思えるが、
だが、AAは私がいかに年増であることを嘆いて、コンプレックスをもっているか、
を知らない。

本当に、あえないから、付き合いを止めた方がいいと思ったのだ。
自分を消してしまいたいと思ったくらいだ。
私がAAを好きなのは、全然かわらない気持ちだし、本当なの。
それでも、自分で作ったとりでが自分を苦しめて、
AAに会いにいけない、踏み出せない。
こんな女心を、AAは理解してない。
10年以上前なら、AAとの駆け引きの恋愛ゲームに明け暮れる体力もあったに違いない。

日本の女性が、どんどん、いい女を劣化させてきた社会との関連を理解するとき、
自分はそうなりたくないと思ってきたが、
自分がそうなっていくことが、自然の流れのように思えるし、
逆らう力も私は持っていないと、感じる。

AAのリアルでの相手は言った。
そんなにいい男でないよ。理想化してる。
ええ、分かっている。でも、私には、AAの見せてくれた世界は必要だったし、
尊敬する部分もあった。

ただ、AAのあのヒステリックな攻撃性には、本当に付いていけない。
それでも、それでも、
AAが好きと思い続けることはできる。

ある意味、私はAAのリアルの相手の話を聞いて、3~4日間思い切り苦しんだ。
涙にあけくれた。
そして、結論
私には、敬愛するAAが必要だった。
だから、AAをネットの私のピーターパンとして、愛していく。
[PR]
by romanced | 2005-03-11 18:11 | 日記