真実は私と貴方の心の中に眠る


by romanced
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ドイツ人がドイツ人の過去を省みるために作った映画ではないだろうか。
当時22歳であったユンゲというヒトラーの秘書の証言のもとにつくられた映画であり、第三帝国の体制が滅びていくにもかかわらず、止まらない人々の心? イデオロギーの結末が描かれている。「洗脳」とか「刷り込み」というが、一端、方向づけられてしまうと、後は定められたように行動してしまうのが人間なのだろうか。
今後この辺は、もっと厳密に考えてみたい。

メイキングでの俳優たちがそれぞれに役を演じる上での登場人物への解釈や思いがとても興味深い。悪人だと思っている役柄をどうやって、折り合いつけて演じることを引き受けるか。それぞれの思いの中で、発見することを語っている。

日本とドイツは敗戦国であるが、その後の立場や振る舞いが異なっている。日本は南北にも分断されなかったし、戦争責任や賠償の問題でも、同じ方法ではなく解決しようとしている。
ドイツは徹底的にナチスを否定することからはじまったが、戦後60年たって、実は、ドイツ国民も犠牲者ではなかったではないかという感覚をもっても許されるのではないかという問いがこの作品にはある。

自国の歴史を問い直す作業と評価の多様さのヒントがこのDVDには込められていると思う。
また、綿密に当時を復元しようとしている光源の作り方や空間性の工夫は、やはり、ドイツらしさを感じさせる。
b0105370_1451933.jpg

[PR]
# by romanced | 2006-07-03 15:35

まだ秘密なの

設定が整ってないし、私もちょっと、迷い始めた。
ここは秘密サイトみたいになっちゃうのかな。
うーん。
[PR]
# by romanced | 2006-06-06 23:30

嘘か真か

お引越しを考えた。
家をじゃないよ。
ブログを。

前のIDは、いいようで、悪いようで、やっぱり囚われる。

だから、つぎはロマンスからとった、IDにしてみた。

嘘か真か
みたいな、内容にしてみたい。

ただ、ちょっと先になるけど、もう、IDはとった。
うふふ。
d0025633_2058161.jpg

[PR]
# by romanced | 2006-05-25 21:02 | 日記
「追いつかず、つるすニンジン 車輪下」

はしっても、追いつかないと感じて、目の前にご褒美のニンジンをぶらさげて
も、後ろからくる車に引かれた。(ヘルマン・ヘッセを思い出して)
という気分を歌にしました。
あしからず。
[PR]
# by romanced | 2006-03-18 05:25 | 一行詩
b0105370_1521973.jpg
1,ウィル・スミス主演「I,ROBOT」;ロボットは、芸術を作れるか?

 アイロボットの3大原則(3Lows Safe)は、アイザック・アシモフのロボット工学における3原則である。
1、人間に危害を加えてはならない。
1、人間の命令に従わなければならない。
1、前の2つに反しない限り、自己を守らなければならない。

 ロボットが自分で知能を発達させていくのは、素晴らしいことである。ロボットが自学自習したら知力・体力など、人間はロボットにはかなわないが、一つだけ人間が優れているところとして、人間には「心」があり、芸術や音楽が作れる。この点がこの映画の中では、ロボットと違うとしている。本当にそうなのだろうか?今は芸術も数学的であり、揺らぎやカオスもPCで作りだせる時代になった。だから、そのような複雑な芸術でも、ある程度黄金率の公式通りの揺らぎを持たせれば、人間には心地よく、ロボットでも生演奏などの芸術は可能だと思われる。


2,ウィル・スミス主演「I,ROBT」;ロボットとの共存とは?

 しかし、何もかも人任せにして楽をしてしまう悪いところが、人間にはあるが、ロボットにはそのような「怠け癖」がない。このような「怠け癖」が「心」の厄介なところだ。これが両者の決定的な違いである。その違いがロボットを進化させ、人間を管理し、いつのまにか人間を奴隷化するような暴走させる原因ではないだろうか。(その怠けぐせも、揺らぎの個性として、ロボットにつくりだせるだろうが、それをしたら、人間が見張らないといけないから、怠け癖のある人間には良いかもしれない)それをこの映画では人間の「心」としているが、先のことを考え楽をするから、ロボットがあれば便利だし、ロボットがいなければ鬱になる人間もいるだろうし、人間に似せて心配性のロボットもつくれるかもしれない。無鉄砲な子供には、心配性のロボットはよい保育ロボットになるだろうし、育児ロボットができれば、子供の虐待などなく、理想的な環境で子育てができるかもしれない。と思うのは、人間だけなのかもしれない。(子供も親というロボットに将来の人生設計の管理をされてるのかな?いや、既に社会機構というロボット的存在の構造に人間は、勝ち組み、負け組みというように管理されているのかな?)
 心の揺らぎや、気まぐれなど、本当はロボットに作れるのかもしれないし、そのようなプログラムを必要とする人間の心の隙間、いつもでも、楽したいという気持ち、それがこの映画の本当のテーマになりうるしと思う。その先を人間とロボットのSFとしてこの映画ではもっと創造的に扱って、アシモフの次の議論を提示して欲しかったと思う。
 どこまでも進化するロボットとの生活に、人間の気力、精神やモラルがついていけるのか?この問いを繰り返しながら、もっと様々なストーリー展開を描けるに違いないと思った。
b0105370_1514718.jpg
[PR]
# by romanced | 2005-08-11 01:47 | 映画

亡国のイージス

 b0105370_093739.jpg
 「亡国」という言葉が気になった。
最近、私の身の回りでは、日本人が日本国を必要としないグローバル化がはじまっているのではないかと思う。それこそ、個人の自由で、教育なり仕事なり、居住地区を決めるので、国を問わないのである。私の知り合いにも、エリートだと思われる人ほど、海外で教育を受け、海外で就職し、帰国しない。人材流出だし、特に文化面における次世代を教育できる人材が帰国しないので、教育の空洞化のような現象が起こるのは数年先ではないかと思うほどだ。
 また、テロが次々におこるこの時代の危機管理として、自衛隊や隊員がどの位実戦で力を発揮できるかは、量的な数値ではでてこないと多くの日本人が疑問に思っているだろうと思う。つまり軍事費やGNPでは表わせない質的な国力のひそかな低下である。
 だから、この映画の冒頭にあった「亡国」のナレーションには共感するものがあった。
 映画の内容は私には、幕の内弁当スタイルで、色々なマニアック向け(戦闘マニア、軍艦や戦闘機マニア、自衛隊マニア、右翼向けetc)の内容を詰め込みすぎたが、その割には予算とスケールが追いつかなかったため、消化不良的出来栄えではなかったかと思う。まだまだ、あらすじにも無理があり、また描けない内容をスキップしたため、観客によっては理解不能であり、日本映画がB級と言われるのはしょうがないのかもしれない。
それでも、私としては、冒頭の映画に示す「亡国」という問題意識、危機の提示には理解できる状況が今の日本にあると思った。
 観客には、意外と一人出来できている中高年の男性がおり、自衛隊関連のOGの人もきてるのかなと想像した。戦後60年という言葉もナレーションには出てきたが、天皇陛下が万歳クリフを訪問したりして日本の過去に区切りをつけ、未来を考える時代のなったと思う。様々な意味で未完成な作品なだけに、防衛庁、海自、空自が前面協力の事実が、現実のその不完全を観客に捜し、再考させられた内容だった。
 俳優では、勝地涼がさわやかで、かっこよかった。(韓国スターのイ・ビョンホンにも通じる魅力を感じた。)強く出来る男である役柄で戦闘シーンが特にスマートに演じられており動きが綺麗だった。彼が演ずるストーリーでもっと、色々な戦闘物を見たいと思ったので、続編では、彼をもっと前面に押し出してくれればいいと思った。
真田広之は、いつのまにか中年になっており、動きを中年らしく押さえていたが、さすが、アクションスターだけあって、安心してみていられた。しかし、吉田栄作などと比べると身長が低いのだが、演じる力によって、小さく感じさせないのは、やはり一線の俳優だと実感させられた。
中井貴一は、工作員の役にぴったりだと思ったし、悪役を演じきったが、よく引き受けたなって思った「さすが日本人だ、素直に…。」「日本人よ、これが戦争だということがまだわからないのか。」などの彼の台詞が心に残った。
 最近ブレイクしているモデル出身の谷原章介は、女々しく泣く所が、実にぴったりだった。幹部で人の上にたちながらも、実戦したことなく理想で動いたが、現実での状況判断が甘かった自分に気がつき、最後の死に様は見事だった。このギャップを演じれるのは、背が高くて制服が良く似合う彼だからこそではなかったかと、後から気がついて印象に残った俳優だ。
 しかし、目力でいえば、勝地と同様に素晴らしかったのは、安藤雅信である。最後の戦闘シーンでも、洗脳され革命を信じているのか、それとも薬を服用しているかのような不気味な工作員の目を上手く演じていた。痛みがあっても感じない、ひたすら命令遂行の自分は一つのコマでしかない兵士であることを上手く演じきった。見事だと思った。
 残念なのは、チェ・ミンソの役回りで、一言も台詞がないと思った。有ったのかも知れないが、覚えてない。また、出てきたかも唐突。勝地との海中の戦闘も今ひとつ焦点がない。勝地に焦点が当たっていたからだろうか?彼女の役が中井の役の意味を深めているのだろうが、それにしても、韓国人を使うために無理やりいれたような感じの役に見えて残念である。
 ここで、映画の登場人物からみる「亡国」にゆらめく日本の状況が描かれているのではないかと思われるするどい台詞の部分を取り上げてみたい。
 勝地の台詞には「貴方は実戦をわかっていない。」「実戦ではやられる前に撃つ。」という通り、彼がめちゃくちゃ強く、その任務をこなしていた。しかし真田の言葉で「撃つ前に考えろ。」「迷うのが人間だろう。」といわれて迷った一瞬の隙に、撃たれてしまう。これはある意味、日本の未来を暗示させているようにも取れる。彼が今、自衛隊で言われているような基本の専守防衛に戻ろうとしたあり方の結果である。
 倒れた彼をみて、真田は、「馬鹿、その前に考えろ。」と一括した。そうなのだ。実戦では、容赦ないことを、どれだけの日本人が身にしみているのだろうか。そして、その一瞬の迷いが命とりになる。普段から、自分の方針を決めておけと言うことになる。しかも、国防だけでなく、これだけグローバル化が進み、意識として小さな国家、大きな個人があるならば、個人としての在り方も日ごろから考えておかなければならない。
 このように勝地と真田の役柄のやり取りには、日本のこれからの防衛への在り方への迷いが描かれていると思った。 引用;「亡国のイージス」officail site b0105370_010642.jpgb0105370_0105231.jpg
[PR]
# by romanced | 2005-07-31 23:43 | 映画
年上って、どのくらいまでが限度なんでしょうかしら?
母上の年までですか?
どぼーん、地雷落としたかも、だって、私年齢明記してるし、
書くんじゃなかったと思いつつも、知りたいので、このまま、書き込みます。

やっぱり、10歳程度が、自然なのでしょうね。
[PR]
# by romanced | 2005-03-19 22:24 | 恋愛
 実は、私は若い頃、男性恐怖症で、背の高い男性が苦手だったのです。本当です。だから、相手の人は殆ど162とか、4ぐらいまでの相手でした。
 背の高い人は見た目いいのかもしれないけど、抱き合うときに顔も遠いし、何もかも遠くにあると感じます。その点、私は若い頃は158cmしかなくて、矯正して、今は160ありますが、背の小さい相手だとなぜか、襲われるような不安がなく、できました。
 こういう女性もいるのですよ。だから、背が小さいのが有利になることもあるのです。女性に恐怖心を起こさせないっていう意味でです。
本心なんだけど、信じてもらえるかしら?
[PR]
# by romanced | 2005-03-19 22:15 | 恋愛
 ネットはバーチャルということで、そのバーチャルのなかでなら、遊べると思いますが、リアルで会うとなると話は別でしょうから、本当に犯罪がないと確信できるまでは、会わない方がいいと思います。
 それより、私なぞは、年増でありのままを書いているので、業者扱いはされないのですが、今度そのようなことを体験してみたいので、思い切って若いふりしてみたいかとも思いました。(冗談です。すいません不謹慎で)
 私のような年増で、訳有りには大切な出会い系となるやもしれないのですが、ただ、犯罪と言うのは弱くて、無知な人には容赦ないと思います。
だから、子供や女性がターゲットとされることが多いし、男性でも無知であれば、その被害は免れないでしょう。
 大人としての責任ある行動で、どこまで踏み出せるかということで、男性の方が、まだまだ、社会的な部分で、自信が女性よりもあるということで、男性の会員の方が多いのだと思います。
[PR]
# by romanced | 2005-03-19 22:11 | 興味
 気になる発言が、本日BSで11時から放送されるという。是非みなくっちゃ。上智でのライスさんの講演を放映するのかな?北朝鮮やその後ろにいる韓国とは、今、まさに「竹島」問題で、タイムリーなだけに注目度は高いはずだが、細木数子があの人は性格が悪いとTVで公言するだけに、知能指数の高いライス長官の発言からみる性格を推し量ってみたい。

 さてもう1つの気になることは、本日最終回の番組「ごくせん」である。実はジャニーズ系男子を見るのは、楽しみである。もちろん、主役の仲間さんも、美しく、また、台詞まわしも上手であると感じる。やっぱり、女優で上に行く人は、声が綺麗だといつも思う。松坂慶子も本当は?なのだけど、声は本当に美しいと思う。若い頃から、スタイルは本当はこの人は一番だと思っていたのは秋吉久美子だが、なんか性格についていけないし、あとは、声がいまいちなのだと思う。中年になってかんばってスタイルがよくなったのは、桃井かおりだと思う。あの人のCMを見るたびに、鍛えてるなって思います。自分にお金をかけるとあそこまで保てるのねって。私も見習いたいわ。
[PR]
# by romanced | 2005-03-19 19:49 | 時事