真実は私と貴方の心の中に眠る


by romanced
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:メモ( 2 )

ヤフーのIDをもっているなら、BB会員でなくても、なら、見れるサイトです。http://streaming.yahoo.co.jp/

他には、
http://www.gyao.jp/ 

http://www.nicovideo.jp/それと、

http://jp.youtube.com/ 
なんかも、お勧めです。

ネット市民たちの動向もふくめ、合法・違法にかかわらず、まだ、整備できてないのでしょう。色々とみれますから、はまらないようにね
[PR]
by romanced | 2008-02-03 20:29 | メモ
 上記、レスを書いたので、ちょっとだけ、ここにも転記してみようと思いました。
 まずは、7月8日から。

 本当に微妙な問題ですよね。私たち日本人がどのくらい、自分たちの歴史を捉えなおすことが出来ているのか。
もちろん、一人一人の捉えなおしもあるでしょうが、
日本国家として、捉えなおすことも出来てないから、教育のなかでも、歴史として真正面に向き合えてないと感じる。
日本政府としての固定した見解がほしいのではない。
自由の声を上げて捉えなおせる場、再評価を繰り返せることが大事な基本的要素だと思う。
もちろん、人の意見に左右されるのも、ありだと思う。
 私の場合は、拉致問題と戦後処理は別問題として捉えたい。国連が全てではないが、グローバルな視点を元にしたいと考える。
 ただし、日本人の「無知と偏見」は常にあるのではないかと、考えている。それを知らないということを知らないとも考えている。

 次にエロスの問題について。

 エロスに疎い方なので、よくわからないと言ったら、なら、コメント書くなって怒られそうですが…。
 ジェンダーや女性学など、また、舞踊学でもそうだけど、女性が自分の身体を男性に媚売るわけでなく、謳歌するために解放しはじめたとあります。これは、煩悩が深そうな男性には迷惑なことなんでしょうね。
 巷では、スカートの中味、見られたくなかったら、ミニスカートはくな、とどのつまりは、イスラムの女性みたいに「ブブカ」を着るはめになるのでしょうか? しかし、日本では、あいにくそのような方向にいかないので、困った男性たちは、今まで社会で女性を押し込めてきた権力を使ったりしますが、それでも、留まらない女性の解放に、今度は人間として父権主義に甘えてきた自らの男性性やそのメカニズムを、認識し、しっかりと育てていかなければならないでしょう。
 しかし、単純に性欲との関連は、ホルモンのバランスの問題で、食事でその凶暴さを押さえることに成功していると、色々な食事療法や、いままでの民間療法ではといています。
[PR]
by romanced | 2006-07-08 19:15 | メモ