真実は私と貴方の心の中に眠る


by romanced
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:未分類( 3 )

ドイツ人がドイツ人の過去を省みるために作った映画ではないだろうか。
当時22歳であったユンゲというヒトラーの秘書の証言のもとにつくられた映画であり、第三帝国の体制が滅びていくにもかかわらず、止まらない人々の心? イデオロギーの結末が描かれている。「洗脳」とか「刷り込み」というが、一端、方向づけられてしまうと、後は定められたように行動してしまうのが人間なのだろうか。
今後この辺は、もっと厳密に考えてみたい。

メイキングでの俳優たちがそれぞれに役を演じる上での登場人物への解釈や思いがとても興味深い。悪人だと思っている役柄をどうやって、折り合いつけて演じることを引き受けるか。それぞれの思いの中で、発見することを語っている。

日本とドイツは敗戦国であるが、その後の立場や振る舞いが異なっている。日本は南北にも分断されなかったし、戦争責任や賠償の問題でも、同じ方法ではなく解決しようとしている。
ドイツは徹底的にナチスを否定することからはじまったが、戦後60年たって、実は、ドイツ国民も犠牲者ではなかったではないかという感覚をもっても許されるのではないかという問いがこの作品にはある。

自国の歴史を問い直す作業と評価の多様さのヒントがこのDVDには込められていると思う。
また、綿密に当時を復元しようとしている光源の作り方や空間性の工夫は、やはり、ドイツらしさを感じさせる。
b0105370_1451933.jpg

[PR]
by romanced | 2006-07-03 15:35

まだ秘密なの

設定が整ってないし、私もちょっと、迷い始めた。
ここは秘密サイトみたいになっちゃうのかな。
うーん。
[PR]
by romanced | 2006-06-06 23:30
戦闘ロボットがついにイラクに投入されることになった。
死を恐れず、不眠不休で、的確な射撃をする。
アメリカの生身の兵士を守るものだという。兵士は安全なところにいて、リモコンでコントロール(半径1キロ以内)で、リモコンが奪われたら、相手には仕えないようになる。
一台2000万円だという。年にアメリカ兵が500万円の維持費がかかるから、米軍はそれよりも安いと考えているという。既に6台ある。
安易に、政治家が戦争を行うためにロボットが投入されかねないと、NHKのニュースでは、いっていた。
しかし、こんなものつくったら、イラクの人に危ないじゃない!
と思うのは私だけだろうか?
エミネムの唄を思い出す。

下記ではロボットの写真と詳細がわかる。(クリックすれば飛びます)
TALON Small Mobile Robot
米軍、イラクにロボット兵士
軍事通信員報告1月26日文
富める国のロボット兵士、貧しい国の自爆テロ
追加動画(重いけど、報道されない部分もあります。阿修羅より)
米軍アパッチヘリが非武装イラク人を殺戮する場面の映像
[PR]
by romanced | 2005-02-04 13:50